テディベアのスカーフ

ゴスロリとか一部のファッションとしてテディベアを抱いてうろうろしている女性もいますが、普通の方であればそれは痛い姿であり、とても無理です。

でもテディベアだと分からないのであれば、常に身に付けていてもアウトではなくセーフなのではないでしょうか。そんな不可能を可能としてくれるのがテディベアのスカーフです。子供時代と変わらず傍でいて欲しい・癒しが欲しいと願う方が多いためか、単純にその可愛らしさにメロメロになってしまうのかスカーフの柄で決して珍しい存在ではありません。スカーフだとそのデザインも色も無限大、大人っぽい商品だってたくさんあります。

それに、付け方も無限大なのがありがたいところです。たとえくまさんの絵が描かれていたとしても、その部分が折りたたまれてくしゅくしゅになっていれば周りに気が付かれるようなことはないのです。プライベートだともっと分かりやすくクマ柄を出して、職場にては柄の一部として完全に隠すようにすれば幅広く使えそうです。そのためにも、特に色味にこだわって選ぶことをおすすめします。

でも、大切なくまちゃんがくしゅくしゅになってしまうのは可愛そうというなら美味しそうな香りに包まれてもらいませんか。ランチョンマットとしてスカーフを代用する使い方に、お弁当を包んでくるといいのです。お弁当を食べるときは職場でもほっと息が付けるくつろぎの時間、そこにテディベアが加わることで更に癒されます。弁当を包む布であれば多少可愛くても許されるはずです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *